椎間板ヘルニアは名古屋のスペシャリストにお任せください!

ヘルニア

ヘルニア改善のために運動をしよう

骨

ヘルニアの痛みが強いときは、激しい運動をするのは禁物です。できるだけ安静にして、痛みがひくのを待たなければなりません。しかし、痛みが治まってきたなら、少し体を動かすことも必要になってきます。なぜなら、ヘルニアの改善には、筋肉を鍛えることが重要だからです。

ヘルニアで重要になるのは、主に胴体回りの筋肉になります。ヘルニアは、背骨の椎間板に大きな負荷がかかることで起こる病気ですが、その負荷を軽減するためには、骨の周りの筋肉によって、しっかり体を支えなければなりません。そのため、胴体回りの筋肉を発達させることは、ヘルニアの改善によい効果があるのです。

しかし、筋肉は、使わなければ次第に衰えてしまいます。つまり、痛みのために安静にしていたのであれば、それだけ胴体回りの筋肉は弱っているということです。これを放置していたのでは、椎間板に再び負荷がかかり、せっかく治まった痛みも、また強くなってしまうかもしれません。

それを防ぐためにも、痛みが治まったら、なるべく運動する習慣をつけましょう。ウォーキングやストレッチなどで胴体周りの筋肉を鍛えれば、ヘルニアを改善できます。ただし、病み上がりでハードな運動はよくありません。無理をせず、少しずつ始めることが大切です。

TOP