椎間板ヘルニアは名古屋のスペシャリストにお任せください!

ヘルニア

椎間板ヘルニアになってしまったら

治療中

ある日突然襲われる腰の痛み、国民病とも呼ばれるほど発症することが多い腰痛ですが、その痛みはヘルニアが原因の可能性もあります。
ヘルニアには「脱出」といった意味があり、臓器など体内の組織が何らかの原因によって本来あるべき場所から飛び出してしまったことを指します。
激しい腰痛を伴う椎間板ヘルニアなどが有名ですが、これは脊椎にある椎骨と椎骨の間にある椎間板が飛び出してしまい、神経を圧迫することで痛みを発生させます。
人によって痛みの程度はさまざまですが、比較的軽い症状の場合は痛み止めなどの処置を施した保存療法がとられる場合もあります。
椎間板ヘルニアはある程度の時間をおくことで自然治癒することもあり、痛みを和らげて筋肉などをつけていくことや腰への負担を軽減することを心掛けることで治すこともできます。
しかし痛みが激しい場合や、日常生活に支障が出てしまうほどの症状がある場合には手術が必要になるケースもあるので、腰痛を感じた際には早めに医療機関を受診することが肝心です。
椎間板ヘルニアは遺伝的な要素や加齢によってそのリスクが高まることもあるので、普段の生活から腰に負担をかけていないか意識することが発症を予防することにつながります。

TOP