椎間板ヘルニアは名古屋のスペシャリストにお任せください!

ヘルニア

椎間板ヘルニアの治療はとりあえず対処療法で

マッサージ

腰痛がひどくなって医者に行ったら、椎間板ヘルニアだと診断が下りたと言う人は、決して少なくないでしょう。この椎間板ヘルニア、要は腰当たりの骨のクッションである軟骨が変形して飛び出してしまい、これが神経に触って痛みを呼ぶものです。ひどい場合は手術と言う事になってしまいます。

ただ場所が場所だけに特にお年寄りの場合、手術して切開してしまうと今度は治るまでに時間もかかり、その間あまり動けずに筋肉が衰えて歩くことが不自由になると言う、二次遭難もあり得ます。実際、これは避けたいものですね。
椎間板ヘルニアと診断された場合、医師はこの手術の他に鎮痛剤など使用して痛みをブロックし、その間に運動などで筋肉を鍛えてヘルニア部分のカバーを目指す方法をとります。所謂対処療法から、緩和に持っていくと言う事です。
しかしここで、鎮痛剤の使用にはためらいのある方もいるでしょう。副作用も心配でしょうし、飲み続けることによって効かなくなることも気にかかるでしょう。そんな方の場合、鍼灸がおすすめです。鍼灸の治療で痛みをブロックしてもらいますので、副作用などの心配がありません。針に対してアレルギーのある人以外なら、かなり痛みの緩和に役に立ちます。

これで痛みを和らげておいて、その間にしっかりとリハビリと言うやり方で行ってみてはいかがでしょう。治療の一環と言う事で診断書が出れば、保険の範囲内での針治療も可能です。

TOP